NOTEBOOK

Adobe Photoshopのアラートがきっかけ グラボ交換&メモリ増設

NURO 光

こんにちは!けこちです。

私のデスクトップパソコンは自作です。自作する前に持っていたPowerMacG5でOSアップグレードのたびに使えなくなるソフトが多くて嫌気がさした(当時はまだソフトウェアのサブスクという概念がなかった)のでG5はあっさりゴミに出し、2011年にゲームとグラフィック作業のできるパワフルなWindowsマシンを、との思いから自作ド素人が自作パソコンの雑誌を見ながら一念発起で作成したマシンです。

いつからか覚えていないけれど、その自作マシンにてちょっとした画像をいじろうとフォトショップを開く際に何かのアラートらしきウインドウが出てくるようになりました。

きっかけはPhotoshop起動時のアラート

photoshop起動時に出てきたアラートグラフィックプロセッサーの互換性がないと…

確か他にも3Dのどーのこーのいうアラートが出てたような。
この件を突き詰めるのであれば何か大きなことをしなければいけなくなるかもしれないとの予感はありながらも、覚悟を決めて現実を受け止めるためにまずは自分の環境を確認してみることにしました。

文言の中にグラフィックプロセッサーという文字があるので、グラボの状況を確認するためにまずはDirectX診断ツールを起動。

Windowsでグラフィックボードの情報を確認する方法
→DirectX診断ツールの起動
※起動は以下の二種どちらの方法でもOK

〇Windowsマークの横にある検索ウインドウでdxdiagと入力
〇[Windows]+[R]キーでファイル名を指定して実行で名前のウインドウにdxdiagと入力

DirectX診断ツールを起動させてディスプレイタブで確認。

グラボ強化前DirectX診断ツールで確認してみるとVRAM1500MB必要の条件を満たしていない事が判明

DirectX診断ツールで確認してみると表示メモリ(VRAM)1015MBと表示されているので、アラートが出ている画面で表示があった“VRAM1500MB必須”の条件を満たしていない事が判明。こうなるとやはりグラフィックボードを変えないといけないようです。スクリーンショットは取らなかったけどDirectXのバージョンも11でした。

この時に、いつこのマシンを組み立てたのかを確認したら2011年、この記事を書いているのは2022年なので11年前です。当時はかなりパワフルなマシンを作ったからしばらくは大丈夫だろうと思っていましたがこんなに時が経っていようとは。

使いたいソフトの必要システム要件を調べる

気を取り直して、このパソコンのパワーアップさせる目的をはっきりさせてみます。パソコンの購入や改造では目的を認識することが大切。それによってどのくらいのものを、何をどう変えていく必要があるのかを考えていきます。

けこちのパソコンパワーアップの目的

  1. Adobe Creative Cloudの各ソフトを普通に使いたい
  2. blenderを使いたい。できれば少しでも快適に
  3. FPSをやりたい(もちろん主にマルチ)

ということでまずはadobeのサイトで使用条件を確認してみましょう。
Creative Cloud の必要システム構成

adobe推奨環境出典:adobe

例えばphotoshopでいうとグラフィックカードについては

最小でDirectX 12 をサポートしている GPU、1.5 GB のGPUメモリ
おすすめはDirectX 12 をサポートしている GPU、4K 以上のディスプレイの場合は 4 GB のGPUメモリ

が条件とあります。
GPUメモリとはVRAMと呼ばれることもあるので、上のDirectX診断ツールの画面でいうところのVRAMが1.5GBあるかを確認しましょう。私のマシンのDirectX診断ツールによる情報では1015MBと表記があります。1.5GB=1500MBですので私のマシンではphotoshopで作業するための最低限必要なVRAMの不足ということがわかります。

気になったのがメモリをいくつ積むといいのかについては

最小で8 GB、おすすめは16 GB以上

となってます。
なんとなく思い出してきました。自作当時のWindowsの36bit版ではメモリはおおよそ4ギガ(実質3~3.5G程度の利用)で頭打ちだった事を。確かadobe lightroom classicが32bitでは使えないという事で2020年辺りで64bitのwindows10に変えたのでした。当時のけこちはどうせ頭打ちだと思ったのであろう。タスクマネージャーで確認してみるとメモリは3ギガしか乗せてない。

メモリ増設前3ギガしか乗ってない

次に、blenderという現在の私が興味のある3Dソフトのシステム要件を確認します。このソフトはその内出来たらいいな、できれば少しでもレンダリングや挙動を快適に、的な感じに思っています。

blenderシステム要件

システム要件は、さすが3DソフトなだけあってCPUはマルチコアを勧めていますね。
今回CPUは変えないのでそれは置いといて、メモリ 8~32GB、グラフィックカードについてはGPUメモリが2~8GB必要だと。

続いて、最近はゲームを封印しているけこちですが、ゲームがそこそこできるくらいのパワーを持つマシンを持っておきたいので、次は今欲しいと思っているゲームのページでシステム要件を確認してみます。

Call of Duty: VanguardのPCシステム要件

activision最低限推奨環境出典:activision
activision超高推奨環境出典:activision

メモリは最低でも8、最高で16
グラフィックボード(activisionのホームページ上ではビデオと記載されている)は
最低でNVIDIA GeForce GTX 960またはAMD Radeon RX 470、
最高でNVIDIA GeForce RTX 3080またはAMD Radeon RX 6800 XT

と書かれています。
先ほどのDirectX診断ツールの画面にある名前のところに私のマシンに入っているグラフィックボードの名前が書かれていますが、あまりにも古すぎて条件に全く当てはまらない。

調べてみて、けこちが出した結論はグラフィックボード新規購入とメモリの増設が必要であるということでした。

けこち
けこち
仕方ないなぁ~。買わないといけないなぁ!(背中を押されて喜んでいるけこち)

グラフィックボードを選ぶ

ネット上で調べるとゲームをするにはNVIDIAがいいという説があったのでNVIDIAで選ぶことにします。これはnVidia Game Worksというゲーム開発ツールで作られたゲームが多いからのようですが、けこちはド素人なのでその辺の詳細はよくわかりません。

とにかく、恐らくグラフィック系ソフトよりはゲームの方がより負荷がかかると思うのでゲームベースで考えてみることにしました。それにしても2022年4月現在半導体不足の影響で価格が全体的に高い。11年前はここまで高いイメージではなかった。(レベルの差はあるにしろ、当時アマゾンで18,000円くらいで購入している)

けこちはほぼ自作素人ですのでまずは価格ドットコムで動向を調べてみますと、ドスパラ限定モデルのGeForce RTX 3050 StormX 8GBというものが4万行かないくらいでそこそこゲームもできそうなのでこれに決定。(あっさり書いてますけどこれだと選ぶまで結構悩みました)ちなみにこのグラフィックボードはコスパが高いせいか結構在庫切れになりやすいですが、ちょこちょこチェックしていると在庫が復活する時があります。

グラフィックボード箱 グラフィックボード包装状態

 

2022年4月現在で比較的コスパ高いモデル

メモリを選ぶ

メモリの選び方は、ざっくり言うとマザーボードがどのメモリの形式に対応できているかで選びます。

メモリの交換で一番注意しないといけないことが、どの世代のメモリなのかということです。時代が進むにつれメモリも世代交代しているんですね。そしてその世代は全く互換性がないという事に注意です。マザーボードに差す部分の形が全然違います。

私のマザーボードは何といっても11年前に購入したものですので、よーく調べる必要がありました。ネットで調べるのと同時に昔買っていた自作パソコンの雑誌で確認したところ、自分のメモリの世代はDDR3で、三つ同時に差すことによって転送速度を向上できるトリプルチャンネル仕様でした。(忘れていた)

トリプルチャンネル用に三枚セットで売られているメモリというのがもうかなりなくなっているようです。本当はメモリは乗せられるだけ乗せたいけれど、グラフィックボードも買ったことだしあまり贅沢は言えません。それに本当ならマザーボードも最新のものにしたいのが本音で、トリプルチャンネルというのはもうほぼ過去のモノとなれば、この半導体系の品物が高騰している時に無理して買わなくてもそこそこのモノで妥協すればいいんでないのかい、という判断で希少なトリプルセットである4ギガ×3(計12ギガ)のメモリセットを購入しました。

新たに購入したメモリ三枚セット新たに購入したメモリ三枚セット
メモリ三枚セット実物メモリ三枚セットの実物

 

2022年5月現在ではトリプルチャンネル用の三枚のメモリセットは希少。X58Xhipset対応DDR3-1600 4GBx3枚組トリプルチャンネルキット

パソコン本体を開けて実際に交換してみる

開ける前に電源をオフにし、コンセントを抜いて内部に溜まっている電気を無くします。抜いた状態で5分くらい放置すればOKで電源ボタンを数回押すのも効果ありだそうです。

さっそく裏蓋を開けてどんな感じでグラボとメモリが刺さっているのか確認します。私のマザーボードでは差し込んであるものはボタンを押しこんで外すタイプなので、ボタンを押してから古いグラフィックボードをひっこ抜きました。

古いグラボ古いグラボ。今まで働いてくれてありがとう!

そして新しいNVIDIAのグラフィックボードを差し込み、電源の線を繋げました。

新しいグラフィックボードを装着新しいグラフィックボードを装着

小さめなので入れやすかったのはよかったのですが、入れ物である外箱とグラフィックボードを固定するための穴がなぜか合わない事が判明。

穴にねじが入らないこれでは穴にねじが入らない

仕方ないので、ねじの代わりに細い結束バンドで固定しました。

結束バンドで固定した新しいグラボ仕方ないので手持ちの結束バンドで固定した新しいグラボ

メモリは三つ刺さっていたのでそれらを抜いて新しいものを差し込みましたが、コード類がちょっと干渉して差しづらかったです。まぁそれでもうまく抜き差しできました。メモリもボタンを押して差し込まれているメモリを外すタイプです。

トリプルチャンネル用の三枚セットを差し込むトリプルチャンネル用の三枚セットを差し込む

ふたを閉め、全ての線を差しなおして稼働させると無事に動いてくれました。起動した後は画面解像度が低くなっているので元の大きさに手動で戻してあげる必要があります。

画像解像度はデスクトップで右クリック→ディスプレイ設定

NVIDIAドライバダウンロード&インストール

NVIDIA公式ドライバダウンロードページ
公式ページでドライバーをダウンロードしてインストールします。これは自分のグラフィックボードの製品シリーズをプルダウンで選んでいくのでそんなに難しい作業ではないです。淡々と画面に従ってインストール。

NVIDIAドライバダウンロードページNVIDIAドライバダウンロードページ

DirectX診断ツールを起動させて確認してみるとメモリの三項目が格段に増えているのが確認できます。

ドライバ更新後ドライバ更新後。今までが少なすぎたという事がよく分かる

タスクマネージャーを起動させ、メモリを確認すると無事に12GBに増えた。

メモリ増設後メモリ増設後。

まとめ

けこちのようなド素人にもできるグラフィックボードの交換とメモリ増設でした。トロいけこちにもできるんだから自分にもできるって感じしますよね。結構やりがいあって楽しい上に、マシンも快適になるんだから自作ってのはおもしろい。
今度いじるときはマザーボードを新しくしてCPUもパワフルなものに変えたい!

ちなみに…今回の改造でネット回線があまりにも遅すぎる事が気になったけこち。回線についても追及する覚悟を決めましたのでそれはまた次回↓

ネット回線の速度を改善したい
インターネット回線の速度を改善する方法ある日ダウンロードに時間がかかりすぎるほどの回線の遅さが気になり、調べてみたら速度が5mbpsだった!1990年代に逆戻りしているのかと思うほどショックを受けたけこちは回線速度改善への策を練り始め、最終的にはその回線に見合った速度まで引き上げることが出来たその軌跡。...
5Mbpsから1.5Gbpsへ Nuro光レビュー
5mbpsから1.5Gbpsへ NURO光レビュー5Mbpsという驚愕の遅さから始まったネットワーク回線速度改善作戦。回線を早くする作業の途中で速い回線が存在することを知ったけこち。さっそく申し込んでしまいました。桁違いの速さ、NURO光のレビューです。テレワーク、FPS、動画鑑賞でストレスから解放されたい人におススメします。...

作業するにあたって参考にしたもの

大抵この二社の雑誌を購入して参考にしています。自作した年の雑誌は捨てずに保存しておくと将来役に立ちます。

今回役に立った結束バンドは、日常生活の中の様々なシーンで役に立ちます。コードを束ねる、ガーデニング、その他DIY用途全般に使えるので一家に一袋は持っておきたい。

 

ABOUT ME
けこち
けこちです!お堅いことを書いているページもありますが、よくアホだとかトロいとか言われている人間ですので皆さん安心してください。将来はどこか郊外にログハウスを建ててゆっくり暮らしたいという夢を持っているけこちです。本当はゲームが大好きだけど、今は将来の為にいろんなことをお勉強することを楽しんでます。写真が好き→https://kekochi.myportfolio.com
NURO 光